留学生の悩み

Pocket

◎自分の英語が通じない


1年以内の短期留学か、長期留学かによっても、英語や授業に対するストレスのかかり具合が違ってきますが、
『留学すれば英語が喋れるようになる』と思ってあまり勉強をして来なかった人程、思うように英語力が伸びなくて悩むようです。
また、日本人とばかり一緒にいてアメリカ人の友達が出来ない、だから英語も伸びないという悩みを抱える人も多いようです。

◎ホームシック


重度のホームシックにかかってしまう人もいるそうで、社交的で友達を多く作る人は、あまりホームシックにはかかっていないようです。

◎食べ物が合わない


自炊出来る環境で、日本料理も好きな時に食べられるようなエリアに留学していればあまり気にならないかもしれませんが、
アメリカの食べ物にうんざりしたり、太ってしまったりする人もいるそうです。

niklas-rhose-14304

◎ピアプレッシャー


ピアプレッシャー(仲間からのプレッシャー)は、日本人の多い語学学校の若い年齢の留学生に多いようで、
真面目に勉強する人の足を引っ張って遊びに強く誘ったりすることがあるそうです。

◎授業について行けない


TOEFLでは必要なスコアを取ったのに、授業を受けたらDやFをつけられてしまった、テスト勉強がツライなど、
学校の大変さが自分の想像以上だった場合はかなりストレスになるそうです。

◎疎外感・孤独感


疎外感については特に人種の偏りが多いエリアなどでは起こりがちなストレスで、多くの人種や移民がいるエリアに比べ、
ネイティヴも色々なアクセントに慣れていないので英語の発音に対する的確さが必要で何度も聞き返されたり、
教授も英語に厳しくてFをつけられてしまったり、(外国人学生の多い大学だと、教授陣も理解があるようで採点も少し甘いようです。)
というのがストレスになる事もあるようです。また、うまく友達を作れずに孤独感を感じる事も多いようです。

katleen-vanacker-483

◎騒音


騒音は特に、フレッシュマン(1年生)の寮に入ってしまうと避けられない状態になるそうで、何度注意しても効かないので、
しまいには眠れない日が続いて睡眠薬を飲んで強制的に睡眠を取るという留学生もいるそうです。
眠れないのはかなりのストレスになるので、騒音に悩まされている場合は引っ越しをしてしまった方が良いのかもしれませんね。